tel:045-715-5594

  • お問合せ
  • 福聚寺概要
  • HOME
1335年…建武2年。650年の歴史がある由緒あるお寺

福聚寺とは

臨済宗建長寺派の寺院で、建武2年(1335年)南北朝時代初期に創建されました。寛政年間までは現在の横浜市西区久保町にありましたが、隠居寺であった蓮求庵(現在の地)に移転し、(明治21年本堂落慶)現在に至っています。

歴史は670年以上ありますが、住職がいない時期があり現在の住職は22世です。

本尊はお釈迦様、脇仏が達磨大師古先印元和尚(開山)、本堂内には十六羅漢四天王阿弥陀様(蓮求庵本尊)があり、境内には慈母観音子育て地蔵豊川稲荷があります。

どちらかと言えば現代的なお寺ですが、本堂は木造を維持し、内部は禅宗らしくあっさりとしたものになっています。

本堂の裏手に「東海道膝栗毛」の作者で有名な十辺舎一九の弟子、五辺舎半九の墓碑があり歴史好きの方々がお参りに参ります。

JR保土ヶ谷駅徒歩5分・首都高速永田インタ-より車で3分・横浜横須賀道路狩場インタ-まで車で10分以内と、とても便利な所にあります。山の中腹にあり表参道は階段ですが、車で本堂前まで来ることが出来ます。

平成21年本堂の免震工事(構造体内部に震動を吸収する装置を組み込むことで構造物の破壊を防止する)・屋根銅板葺き替えが終わり、23年度より新客殿(洋間)建設が始まります。(平成25年迄年間3~5万円の寄付が残り3年間続きます)

住職一家の紹介
夏は短パン・Tシャツでいる色の黒い(腹ではない…笑い)住職と、見るからに優しい夫人、勉強は嫌いだが真面目過ぎる高校生の一人息子、いつもシッポを振って御機嫌なMダックスフンドの3人と1匹の家族。昼間は交代で来ている剣道5段の江間さんと、料理(特にお酒のつまみ)が得意な布施さんとで、お寺を護っています。お手伝いさんは2人とも自ら仕事を探して動くタイプなので住職もタジタジ!有り難いことです!!

住職一家

募金協力のお願い

無料配布の御案内

東北大震災 被災者 限定価格

Copyright(c) 2010 Fukujouji. All Rights Reserved. Pwoerd by Rlation Create.